ペンタックス 645NII 中判カメラお買取りしました | カメラ・レンズの買取 アールイー 新品も中古も高価買取いたします


ペンタックス 645NII 中判カメラお買取りしました

PENTAX 645N II Camera Body ペンタックス 645NII ボディ 中古品
⇒買取価格 35,000円
お買い取りいたしました。ありがとうございました。
(※査定日当日の買取価格となります)

Pentax 645N II は今も尚人気の高い、数ある中判フィルム一眼レフカメラの中でも定番機種のひとつと言えるモデルです。
ペンタックス645シリーズのはじまりは1984年、中判一眼レフカメラではウエストレベルファインダーが主流だった時代に、35mm判一眼レフカメラの使用感に近いアイレベルファインダーを採用し、プロダクトコンセプトを『スーパーフィールドカメラ』としたペンタックス645は、風景写真家に強い支持を受ける結果となりました。
645の発売から10年以上の歳月を経て登場する後継機 645N は、レンズ交換式6×4.5cm判カメラとして初めてオートフォーカスを搭載し、フィルム画面外に撮影データを写し込むというカメラマンには嬉しい新機能も採用され、1997年の第15回カメラグランプリ受賞しています。
そして本カメラ645NIIは2001年に発売された、ペンタックス645シリーズフィルムカメラ最後のモデルとなります。この645NIIは、望遠撮影時にミラーショックによりブレが生じやすいという問題に対し、ミラーアップ機構を採用したのが大きな変更点となります。撮影時に高速で動作するミラーは大きく重く、その跳ね上げられたミラーのショックは35mm判のカメラと違い必然的に大きくなってしまいます。撮影された写真への影響も想像するに難しくありません。デジタル写真では撮影後の処理も可能ですが、フィルム撮影では死活問題となり得ます。望遠撮影が多い方には645NII以外の選択肢は考えられないのではないでしょうか
そしてペンタックス645シリーズも時代の流れとともにデジタル時代へと移行、4,000万画素コダック社製CCDセンサーを採用した645Dをはじめ、現行モデルとして5,140万画素ソニー製CMOSセンサーを採用した645Zが発売されています。
カメラはデジタル全盛の時代となりましたが、フィルム撮影ににこだわる写真家も少なくありません。今後再生産されることも考えづらいため、中古価格が高騰していくことも考えられます。