ニコン SP ボディ – W-Nikkor 3.5cm F1.8 レンズお買取りしました | カメラ・レンズの買取 アールイー 新品も中古も高価買取いたします


ニコン SP ボディ – W-Nikkor 3.5cm F1.8 レンズお買取りしました

Nikon SP Body W-Nikkor 35mm F1.8 ニコン SP ボディ
ニコン W-Nikkor 3.5cm F1.8
⇒買取価格 35,000円 (不良ありジャンク品)
お買い取りいたしました。ありがとうございました。
(※査定日当日の買取価格となります)

国内メーカー製レンジファインダーカメラの最高峰とも言われる ニコンSP と、1956年発売当時世界一明るい広角レンズだった ニコン W-Nikkor 35mm F1.8 です。
1957年(昭和32年)に発売されたニコンSPは、広角28mmから望遠135mmまでを外付けファインダー無しでカバーできる二つのファインダーを備えた、過去には類を見ないレンジファインダーカメラでした。そのユニバーサルファインダーと呼ばれる二つのファインダーは、パララックス補正のある50mm・85mm・105mm・135mmを表示する標準~望遠側と、中央に35mmの枠が表示されている視野全体が28mmとなるパララックス補正無しの広角側に分けられています。当時レンジファインダーカメラをリードしていたライカにもこのようなファインダーを搭載しているカメラは無く、部分的ではありますが国内カメラが先行した形となりました。
ニコン W-Nikkor 3.5cm F1.8 は、35mm F1.8と今でこそ一般的なスペックですが、当時明るい広角レンズを設計することは容易なことではありませんでした。ランタン系ガラス材料を使用したクセノタールタイプの光学設計で、球面収差と像面湾曲を補正し、倍率の色収差や非点収差が少ない良好な描写性能を確保しました。当時35mmレンズの一般的な開放絞り値がF2.8~F3.5であったことを考えると驚異的な明るさで、感度を簡単に上げることができないフィルムカメラにとっては、とりわけ価値のあったレンズであったと思われます。
希少なフィルムカメラは年々市場に出回る台数が減り、価格も高騰し続けています。一部壊れているものやカビやひどいくもりなどで普通には使用できないものでも、修理で再生したり修理用の部品などで需要はしばらく無くなることはなさそうです。