ソニー α7R III ILCE-7RM3 ボディ カメラお買取りしました | カメラ・レンズの買取 アールイー 新品も中古も高価買取いたします


ソニー α7R III ILCE-7RM3 ボディ カメラお買取りしました

sony α7R III ILCE-7RM3 body ソニー α7R III ILCE-7RM3 ボディ 新品
⇒買取価格 310,000円
(※査定日当日の買取価格となります)
お買い取りいたしました。ありがとうございました。

飛ぶ鳥を落とす勢いでミラーレスカメラ業界を突き進むソニーから、α9に続き発売された高性能ミラーレスカメラ α7R III ILCE-7RM3  です。
前モデルとなるα7R II ILCE-7RM2の発売から約一年半での世代交代となったα7 IIIですが、今でもなお高性能であるα7R IIにフラッグシップ機α9のエッセンスを注ぎ込んだ、画質とレスポンスを高次元で融合させたともいうべき一台となっています。
撮像センサーは画素数据え置きのα7 IIと同様のフルサイズ4240万画素ローパスフィルターレスExmor R CMOSセンサー。裏面照射型とすることで、高画素センサーながら高感度に強いという特性を持ち合わせています。連写性能は特筆すべき点で、約10コマ/秒となる高画素モデルながら高速連写機も顔負けの連写性能を持っています。α7 IIからバッファメモリが大幅にアップされていて、非圧縮RAW撮影での連続撮影が可能、α7 IIは約9枚であったため大幅な性能アップとなっていることがわかります。
その他大きな変更点というと、ボディ形状とバッテリーがα9ベースのものとなり、新世代のα7となったと言っていいでしょう。グリップはより深くなりホールド性がアップ、その大きくなったスペースに大型化されたバッテリーが収められています。新型のZシリーズバッテリー(NP-FZ100)は前モデル対比約2.2倍の容量アップとなり、モニター撮影で約710枚、ファインダー撮影で約610枚となり、今までのウィークポイントを克服した形となっています。
発売時期がα7R IIIの約半年前となるα9ですが、この短い期間で高速連写が可能な高画素機が発売され、α9ユーザーの中には困惑された方も少なくなかったようです。それもこのα7R IIIの発売価格が約340,000円と性能に対して非常に安価であったため、連写性能を必要とし約450,000円でα9を購入された方には不満のある発売タイミングであったに違いありません。とは言えブラックアウトフリー20コマ/秒の連写性能とアンチディストーションシャッターはα9 ILCE-9 にのみ採用されており、それこそがこのフラッグシップモデルの存在価値となっています。
今月末には弟分のα7 IIIが発売されます。20万円代前半で圧倒的な性能を誇るスタンダードクラスフルサイズミラーレスカメラで、ヒット商品となることは間違いないでしょう。2018年もミラーレス市場を席捲するα7シリーズが、さらなるシェア拡大を図ることとなりそうです。