カメラ買取リユース事業 | Reアールイー


コシナ フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4 MC レンズお買取りしました

COSINA Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 MC VM コシナ Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 MC 中古品
お買い取りいたしました。ありがとうございました。
ライカMマウント用レンズ フォクトレンダー ノクトンクラシック 35mm F1.4 MC です。モデル名のノクトンは、夜を意味する『Nokt』から由来しており、夜でも写真が撮れる明るいレンズという意味合いとなっています。フォクトレンダーではF1.5より明るいレンズにノクトンの名を冠していて、F1.7~F2となる次に明るいレンズは『ULTRON/ウルトロン』の名が与えられています。
本レンズNOKTON classic 35mm F1.4 MC は、準広角でF1.4となる大口径レンズですが、オンラインショップでの実売価格は約55,000円ほどと安価です。オールドレンズがライバルとなるノクトンクラシックですので、コンセプトや光学設計に大きな違いがありますが、ライカ Summilux-M 35mm F1.4 ASPHですと新品価格は約60万円、同じくCarl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZMは新品価格約20万円と、35mm F1.4のレンズはほとんどの製品が非常に高価なことを考えるとお買い得な製品とも言えます。
またモデル名にある『MC』ですが、NOKTON classicにはMCとSCがあり、マルチコートとシングルコートの略でレンズコーティングの種類を意味しています。マルチコートはニュートラルな発色でシングルコートはよりクラシカルな発色ということで、好みに応じてコーティングに選択肢があるおもしろい製品です。フレアやゴーストを写真の味として取り入れたい場合は、シングルコートを選ぶのがよいでしょう。 あえて収差や甘さを残した光学系は、解像度や収差の補正を徹底的に追及する現代の光学設計を考えると、ノクトンクラシックは時代錯誤とも言えるレンズ。ただ描写に甘さを求める需要もあり、『新品で買えるオールドレンズ』はカメラ界において希少な存在です。