キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM レンズお買取りしました | カメラ・レンズの買取 アールイー 新品も中古も高価買取いたします


キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM レンズお買取りしました

CANON EF24-70mm F2.8L II USM キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM 中古品
⇒買取価格 111,000円
お買い取りいたしました。ありがとうございました。
(※査定日当日の買取価格となります)

定番となるF2.8通しの明るい標準ズームレンズ CANON EF24-70mm F2.8L II USM です。
レンズラインナップの中で最も高性能となる標準ズームレンズとなり、プロのカメラマンからハイアマチュアまで幅広く利用されているレンズです。スーパーUDレンズ1枚、UDレンズ2枚、非球面レンズ3枚を採用し各収差を高次元で補正、絞り開放から安定した描写が特徴のレンズです。また過酷な現場での撮影にも耐えうる防塵防滴性能はもちろん、レンズに付着した汚れを簡単に除去できるフッ素防汚コーティングも採用されています。
ライバルとなる同クラスの『ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR』やサードパーティ製『タムロン SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A032)』は、F2.8という大口径でありながら手振れ補正も採用されており、暗所での撮影や絞り込んだ場合ではやはり安心感が違います。ですが一方では、光学系が増えると画質の劣化やレンズのサイズアップ、重量の増大を懸念される意見もあり、手振れ補正の採用は一長一短、すべてのユーザーのニーズを満たす理想のレンズは無いと言っていいでしょう。ソニーやペンタックスのようにボディ内手振れ補正機構を持つメーカーは、レンズの開発がより容易で理想に近いレンズ設計が行えるのでは無いでしょうか。
海外のカメラ情報サイトでは、EF24-70mm F2.8L II USM の後継モデルには手振れ補正が付くと予想されており、『EF24-70mm F2.8L IS USM』の登場が現実となるのか期待が膨らみます。