カールツァイス Batis 2.8/18 レンズお買取りしました | カメラ・レンズの買取 アールイー 新品も中古も高価買取いたします


カールツァイス Batis 2.8/18 レンズお買取りしました

Carl Zeiss Batis 2.8/18 Carl Zeiss Batis 2.8/18 (18mm F2.8)中古品
⇒買取価格 106,000円
(※査定日当日の買取価格となります)
お買い取りいたしました。ありがとうございました。

カールツァイス Batisシリーズ最広角となるレンズ Batis 2.8/18 です。
ソニー ミラーレス一眼カメラ用に開発された高性能レンズ Batisシリーズ、2015年に発売された 25mm F2 と 85mm F1.8 に続くシリーズ3本目となる本レンズ。18mmという超広角レンズですが、サイズは比較的コンパクトで重量も330gと携行性に優れています。外装デザインは、最近のカールツァイスデザインコンセプトとなるなだらかな流線形で、他メーカーとは一線を画す近未来的なイメージとなっています。
また描写力は言うまでもなく素晴らしいもので、ヌケのよいクリアな印象、また広角レンズでは生じやすい歪曲収差も非常によく抑えられており、格子状のものなど直線が多い被写体にも臆することなくカメラを向けられます。このあたりは『さすがカールツァイス』と思える点のひとつです。昨今の高画素化したカメラであっても解像度も必要十分で、中心部分は絞り開放からシャープ、現代のレンズらしいパフォーマンスを見せてくれます。
広角レンズのラインナップが乏しいイメージのソニーEマウントでしたが、今年5月2本の広角ズームレンズが発売となりました。一本はソニーαレンズ最高グレードとなる『G Master』シリーズ FE16-35mm F2.8 GM(SEL1635GM)で、DPReviewプロダクトオブザイヤー2017 ベストズームレンズに選ばれています。FE16-35mm F2.8 GMは各レビューサイトでも非常に高い評価を得ており、弱点という弱点が見つからないほどの高性能。高額且つ固定焦点、解放絞り値が同じF2.8で焦点距離が被るこの Batis 2.8/18  は、今後なかなか厳しい状況となるのではないでしょうか。