はずし方がわからない!! レンズの取り付け・外し方 | Reアールイー


はずし方がわからない!! レンズの取り付け・外し方

はじめてカメラを手にした方は、操作方法などわからないことだらけではないでしょうか。 ボタンやレバー、くるくるまわるダイヤルなど操作するものは様々ありますが、ここではレンズの取り付け・取り外しについてご説明いたします。

レンズの取り付け・外し方

デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼カメラなどのレンズの外し方

バヨネット式と呼ばれるマウント形状で、取り外しの際にレンズ本体が回転する

レンズの取り付け・装着
ボディマウント部にあるマーカーと、レンズマウント部にあるマーカーをあわせ1/4周ほど『カチッ』と鳴るまで回転します。回転方向は各メーカーにより異なりますが、時計回りか反時計回り一方向にしか回転しません。
レンズの取り外し
ボディ前面レンズマウント周辺に『レンズ取り外しボタン』があり、ボタンを押しながらレンズを1/4周ほど回転させます。回転方向は取り付け時と反対方向となります。 カメラボディとレンズをしっかりホールドしておかないと、外したはずみで落下させてしまうことがありますので、十分ご注意ください。

キヤノンFL/FDマウントカメラのレンズの外し方

スピゴット式と呼ばれるマウント形状で、取り外しの際にレンズ本体は回転しない

レンズの取り付け・装着
レンズのマウント付近に、レンズ着脱用リングがあります。
ボディマウント部にあるマーカーと、レンズマウント部にあるマーカーをあわせ、レンズマウントをボディ側に差し込みます。次に、レンズ着脱用リングを回転させることでボディにレンズがロックされ、撮影できる状態になります。
またNewFDレンズの場合は、同じようにレンズを指し込んだ後、レンズを回転する事によりレンズを取り付けることができます。
レンズの取り外し
マウント付近のレンズ着脱用リングを回すことでロックが外れ、レンズを取り外すことができます。
またNewFDレンズの場合は、レンズマウント付近にあるボタンを押しながら回転する事により、レンズを取り外すことができます。

オリンパスOMマウントのレンズの外し方

レンズの取り付け・装着
ボディマウント部にあるマーカーと、レンズマウント部にあるマーカーをあわせ、ボディ側に差し込み1/4周ほど回転させます。
レンズの取り外し
レンズマウント付近、シャッタースピードリングとなりにレンズ取り外し用のボタンがあります。カメラを前から見てペンタ部右下あたりにあるボタンです。ボタンを押しながら装着時と反対方向に回転させることで取り外すことができます。

とても古いフィルムカメラ スクリューマウントカメラのレンズの外し方

バヨネットタイプのマウントが普及する前の、バルナックタイプのカメラや一部一眼レフカメラに採用されていた、一般的にスクリューマウントと呼ばれる形状で、レンズマウントがいわゆる『ねじ』形状になっている。一例としてM42プラクチカマウントやライカL39マウントなどがある
レンズの取り付け・装着
一般的なネジと同じ造りのため、ネジ山をあわせ最後まで回転させ締め付ける。締めすぎは破損や不具合の原因になるため、締め付けの際は気をつける必要がある。
レンズの取り外し
締め付け方向と逆の方向へレンズが外れるまで回転させる。

これがすべてではありません

いくつか挙げてみましたが、他にも違ったマウント形状や違う方法で装着・取り外すものがございます。
取れないな…と思っても無理やり力ずくで外すのはやめましょう。壊れたりケガをしたりする可能性もあります。必ず取り外し方がありますので、インターネットなどで調べてみてください。